乳酸菌の役立つ知識

乳酸菌は体に良い菌

菌類にはさまざまな種類が存在し、一般的には菌類というとカビや病原体などの病気の原因となる菌をイメージする人も多いようです。

しかし菌類には悪玉善玉という区別もあり、健康に良い効果をもたらす菌というものも世の中にはたくさん存在します。

ビフィズス菌を始めとした乳酸菌も体に良い善玉菌の一つで、体内に摂取することで消化を助けたり腸内環境を整える効果を発揮します。

乳酸菌の効果はその名前が示す通り腸内を酸性にするという効果があり、悪玉菌を殺菌する役割を発揮するのです。

悪玉菌の繁殖を抑えることが出来れば、腸内のガスの発生源を減らすことにも繋がり、お腹の膨満感や痛みなどの違和感の解消や、便秘の治療にも繋がります。

・乳酸菌が含まれている食品

乳酸菌が含まれている食製品としてはヨーグルトやチーズが最も有名で、ビフィズス菌が含まれているヨーグルトは、健康に良い食品として多くの日本人に親しまれているのです。

こういった身体によい乳酸菌を使って健康を維持するには、定期的にヨーグルトなどの健康食品を摂取することが必要になってきます。

ヨーグルトやチーズに含まれている乳酸菌は動物性乳酸菌と呼ばれ、文字通り牛乳などの乳製品を発酵させて作られます。

植物性の乳酸菌が含まれている食品としては、漬物や味噌、醤油や塩麹などの日本の食文化と深い関連のある食品が代表的です。

こういった植物性乳酸菌を昔から有効活用していたのが、日本人の長寿の秘訣だともいわれ、植物性乳酸菌の効果も最近では注目されています。

海外にも同様の発酵食品が数多く存在し、有名なものとしては韓国のキムチやドイツのザワークラウト、欧米諸国で利用されているピクルスがあります。

最近ではサプリメントとして乳酸菌を利用した商品も販売されていて、効率よく体内に乳酸菌を摂取する方法としても、特に最近の健康ブームで需要が増え始めているのです。

・生きている乳酸菌が重要

乳酸菌を有効活用するためには、生きている乳酸菌、つまり生菌を摂取することが大切です。

腸内環境においては酸性に保つことが人体の健康に良い影響をもたらすのですが、同時に乳酸菌が活発に行動し繁殖しやすい環境も酸性という面で一致しています。

悪玉菌はそういった酸性の環境とは相いれずに、腸内をアルカリ性に傾けて増殖しようとします。

それに対する乳酸菌が腸内環境を整えるメカニズムとは、乳酸菌そのものが腸内の環境を自分の生存できる酸性の環境に整えようとする働きそのものなのです。

腸内にはさまざまな種類の菌が存在し、それぞれが同じ種類で集まって腸内フローラと呼ばれるコロニーを形成しています。

こういった悪玉菌と善玉菌の腸内フローラ内でのせめぎ合いが、自然と腸内の環境をバランスよく整え、結果として体に良い腸内環境を実現します。

生きている菌以外にも、死んだ乳酸菌は生きている乳酸菌のエネルギー源になることが知られています。

また死んだ乳酸菌は食物繊維と似たような働きを示し、悪玉菌にまとわりついて体外に排出しやすくする効果があるので、生菌死菌ともに体に役立つのです。

・腸内を酸性に保つことで得られる効果

ガスの発生を抑えることは説明しましたが、それ以外にも腸内を酸性に保つことで得られる健康効果は多数あり、その中でも大腸がんの発生を抑える働きがあることが最近発見されています。

大腸がんやポリープの発生原因としては、悪玉菌の増殖やそれによる食べ物のカスの腐敗が原因とされていて、そういった原因を排除できる乳酸菌は大腸がん予防にも効果を発揮するのです。

また、免疫機能のバランスも最適化する効果があることも知られ、アレルギーの改善方法としても乳酸飲料などが注目されています。

腸機能の活性化によってインシュリンの生産も活発になるため、血糖値を下げる働きもあり、結果として糖尿病の予防もすることが出来ます。

乳酸菌自体が持つ多糖成分の生産能力も、ブドウ糖の腸内吸収を阻害する働きがあるため、血糖値の上昇を防ぐのです。

体に良い乳酸菌の効果と種類

細菌の一種である乳酸菌は、体に様々な良い作用があります。

例えば、代表的な乳酸菌食品であるヨーグルトは、牛乳から加工されるため豊富なタンパク質が含まれています。

またカルシウムは、乳製品の成分の中でも有名で、体に大切な栄養素がたくさん含まれています。

他にも乳酸菌は腸に留まり、乳酸を作り出すことで腸の蠕動運動を促し、排便をしやすくします。

そして乳酸を作り出すことで、腸が酸性になるため腸内の病原菌の繁殖を抑える作用もあります。

また腸の働きは水分や栄養を吸収する働きがあります。

乳酸菌が排便を促すことで、老廃物が腸内に溜まりにくくなり、効率良く吸収出来ますし、老廃物中の成分も吸収することがなくなるため、血中の免疫細胞の活性や美肌に効果あります。

しかし乳酸菌は、胃液や胆汁などの消化液に弱く、死滅する特徴もあります。

乳製品であるヨーグルトは、乳酸菌が死んでも効果が持続するため、腸内環境を整える食品として有名です。

他にも乳酸菌は350種類以上存在しますが、種類によって様々な特徴があります。

シロタ菌は、胃液や胆汁などの消化液に強く、腸を整える効果が高いことや、花粉症などのアレルギー反応を抑制したり、病原菌の繁殖を押さえるなどの効果があります。

LGG菌は、生きたまま腸に届き、便秘解消やアレルギーなどの免疫反応による症状を改善したり、子どもに多いアトピー性皮膚炎の症状を抑える効果もあります。

ラブレ菌は漬物から発見された乳酸菌で、塩分や酸に強いことから消化液に強く、腸内に効率よく届きます。

免疫力を高める効果があり、体内の病原菌を抑制し風邪などが引きにくいなどの効果があります。

このように、乳酸菌の種類によって効果が異なるため、自分の体質に合った乳酸菌を体内に取り込むことが大切です。

しかし体に乳酸菌を取り込んでも、まれに効果が出にくい方もいます。

それは腸内に善玉菌と悪玉菌が共存していて、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌の割合が多ければ腸に良い影響を与えますが、逆に悪玉菌が多いと便秘や下痢など腸内環境が乱れやすくなります。

悪玉菌を増やす原因は、主に食生活が関係していると言われています。

食物繊維の少ない食事や、肉などの動物性たんぱく質を多く取るような食事をしていると、悪玉菌が増殖しやすくなり、乳酸菌の効果が出にくくなります。

乳酸菌を取ることと、日頃の食生活を整えることで、腸や体に良い効果が出やすくなります。

ギリシャヨーグルト効果

ギリシャヨーグルトは米国セレブに人気です

人気の秘密はギリシャヨーグルトの効果にあるのです

カロリー減で高たんぱくでダイエットに最適なヨーグルト

乳でお腹が当たりやすい体質でも乳酸菌は消化吸収が良く、お腹がゴロゴロしない!

腸内環境のバランス改善効果が期待でき乳酸菌やビフィズス菌の働きで大腸の腸壁が刺激され蠕動運動が活発化するので便秘解消になります

腸内に溜まった大便を排出することにより、悪玉菌が産生した有害物質も 体外へ排出できるのでお腹の環境がすこぶるよくなる訳です

要内細菌の有用菌の働きで、免疫細胞の7割が集中する腸内環境バランスが整い免疫細胞も活性化するので免疫力も高まります

腸と脳の相関関係も改良され、安眠効果も期待できるのです

腸内フローラが改善されると体全体の働きも改善され肥満やむくみも改善される効果に期待できます

またぎり初ヨーグルトの豊富なカルシウムの摂取は骨粗しょう症予防に大きな力を発揮します

ギリシャヨーグルトダイエット

水切り製法で余計な水分を抜かれホヘー乳清も取り除かれた濃厚なギリシャヨーグルトの効果効能はダイエット志向のアメリカ人セレブで人気にうわさが広がっています

ギリシャヨーグルトは別名水切りヨーグルトといわれ水分の少ないクリーミーなクリーム状の高たんぱくなヨーグルトです

ギリシャヨーグルトの魅力はタンパク質が2=3倍と言われる反面

カロリーが生クリームとかチーズと比較して1/6とまで言われるほどヘルシー食品なのです

ギリシャヨーグルトダイエット

乳酸菌が見直されています

腸内環境で乳酸菌などの腸内細菌が大きな健康維持のカギを握っていることが明らかになってきました

厖大な数の腸内細菌が腸内フローラで活動しているのです

腸内環境は体内で有用な働きをする有用菌である善玉菌を増加させる必要があるのです

善玉菌が腸内フローラに及ぼす影響は、

最近の研究により腸内細菌の数や種類まで膨大なデーター解析により腸内細菌の種類は1000種類以上解明されつつあります。

大腸に占める腸内細菌の量は約1.5kgと想定されており、

排便からでる腸内細菌の割合は、

30%程度以上とまでわかってきました。

大脳以外で体内に指令を発せれる

第二の脳といわれる位置づけまでなされるようになってきたのです。

腸内細菌の大部分は日和見菌といわれる未知の分野の多い中間的な菌たちです。

いわゆるヨーグルト乳酸菌サプリを構成する善玉菌の分類は、

腸内細菌の約2割程度であり、

残りの1割が悪玉菌の言われる有害菌であることが判明してきました。

悪玉菌と善玉菌のバランスを保たないと、善玉菌が十分有用菌の活躍をしてくれないので善玉菌を十分補給してビフィズス菌を増加させる必要があるのです

ページの先頭へ